北海道を、ブロンプトン(自転車)& Honda N-WGN で旅したい。
 退院後診察☆ステリストリップ(傷口テープ)
2017年10月29日 (日) | 編集 |
10月上旬に、右卵巣嚢腫と子宮の摘出、
開腹手術の為、10日間入院しました。
前回、2010年の入院は、
子宮筋腫摘出の為の開腹手術でした。
開腹手術は、2回目です。

前回の方が、傷口が小さく真っすぐでしたが、
ホッチキス止めとなっており、抜鈎が有りました。
(そして、ミミズ腫れの様な跡でした)
今回の傷は、おへそ下から、約10㌢以上は有ります。
その他、枝分かれもしており、かなり醜いです。
ですが、今回の手術では、抜糸や抜鈎は有りません。


そして、退院後診察に行って来ました。
(2017年10月27日金曜日)
医師からは、左側癒着部分の奥に、
血の塊が有ります。
今後、それほど出血が無ければ大丈夫です。
次回は、1年後、左卵巣の診察で来てください。

今回の手術は、右卵巣嚢腫ですが、
いつも、左側に血が溜まり痛みが伴うのです。
もう、悩んでも、仕方がないので、
自分の身体を信じるしか無いです。


嬉しい事は、
入浴(湯船に入る)許可が出ました。
温泉も大丈夫です。
ですが、後2ヶ月は、
テープを貼っていなければ、ならないのです。
ステリストリップ

退院後診察☆ステリストリップ(傷口テープ)

こちらのテープは、
病院内のコンビニで購入しました。
(Amazonでも購入出来ます)
その他、傷を綺麗にするジェルなんかも有りましが、
値段が高いのと、処置が面倒なので購入しませんでした。


テープ

退院後診察☆ステリストリップ(傷口テープ)

退院後診察☆ステリストリップ(傷口テープ)

退院後診察☆ステリストリップ(傷口テープ)

私の場合は、
テープとテープの隙間無く、
ビッチリと(10㌢以上)貼っているので、
入浴の許可が出ても、
恥ずかしいので、
スーパー銭湯には、当分行けません。
2ヶ月は、貼り続ける必要が有ります。

今後の心配は、
腸閉塞にならない事、
体重を増やさない事、
それと、開腹手術して、
締まりのないお腹の運動をどうするかです。
(入院中に5kg減、今のところ維持しています)
入院時の看護師からは、
約2ヶ月は重いものは控える事でした。

退院後は、無理しない程度に、
身体を、たくさん動かすように言われました。
ウォーキング、頑張ります。
そして、色々考えないで前向きにが目標です。

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 NTT東日本札幌病院 食堂 「日替りランチ」と術前検査
2017年10月20日 (金) | 編集 |
入院日にお願いしていた、
「診断書」が出来たとの連絡が有り、
懐かしい病院へ、数日ぶりに行ってきました。
NTT東日本札幌病院 食堂

NTT東日本札幌病院 食堂 「日替りランチ」と術前検査

毎日、メニューが違うのが凄いです。
私が入院中は、夫が時々利用していました。

食券

NTT東日本札幌病院 食堂 「日替りランチ」と術前検査

食券を購入後、トレーを持って、
カウンターに行きます。
箸・漬物・水又はお茶は、
自分で、一般席まで持って行きます。

ヘルシーランチ 520円

NTT東日本札幌病院 食堂 「日替りランチ」と術前検査

豚肉・豆腐の煮物です。
ご飯は、お茶碗半分にしています。
こちらは、私が食べました。

アラカルト 590円

NTT東日本札幌病院 食堂 「日替りランチ」と術前検査

エビフライ・豚串カツです。
こちらは、夫が食べました。

こちらは、「デンショク」がやっている食堂です。

退院して翌日までは、
ちょっと動くと疲れて横になっていましたが、
毎日、用事を見つけて買物、
朝・夕は、自宅で簡単な運動を行っています。
もうちょっと、自信が付いたら、ウォーキングを始める予定です。

入院中は、一人の時間が長かったので、
クラシル料理動画 にハマっていて、メモに残したりしました。
今は、時間があるので、色々と作ってみています。

次回の受診は、約10日後、
前回手術した上に、
更に今回の手術の跡は、もっと大きい様です。
今は、テープが貼られているのですが、
そのテープを剥がす日が、正直恐ろしいです。
それでも、少しでも良くなって、
早く、肩までしっかりお風呂に入りたいです。


●NTT東日本札幌病院 食堂●
札幌市中央区南1条西15丁目 NTT東日本札幌病院 2F
営業時間
11:00-15:00
ランチ営業
定休日 [土・日・祝日]

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村


 病院食(入院・手術、そして退院) NO,2
2017年10月16日 (月) | 編集 |
~つづき~

今回は、右卵巣嚢腫と子宮の摘出、
開腹手術の為、10日間入院しました。

術後1日目 10/7(土)
前日、手術が終わった夕方16時から、
翌日、朝食時間の朝8時まで、絶対に起き上がらない様にと、
看護師から言われたいましたが、
その間、眠れたのが3時間、
残りの13時間は、痛くて苦しくて大変でした。

筋肉注射を打って、少し眠って目が冷めてから、
再び、痛みと苦しみが襲ってきて、
何度も何度も、携帯電話の時計を見て、
等々、朝の6時頃・・・足のマッサージを勝手に外し、
立ち上がったのです。
看護師から、ひどく怒られました。

①朝8時、朝食(お粥等)はベッド上で自立摂取
(ベッドは看護師がギャッチアップ)
②17時間振りに水分摂取
③ベッド上で整容・清拭
④看護師が介助で、トイレまで歩行後、尿管が外れる


尿管が外れ、自立歩行が可能になり、
病室からデイルームまで歩いてみました。
しかし、ドレーンの部分が痛くて、
「痛いので、ドレーンを外してください」とお願いしました。
しかし、その日は土曜日、当番医が担当医に確認してくれ、
もう1日、待つように言われました。
痛くて、痛くて、立っても座っていられず、
汗がビッショリと出ました。
その後、病室で2回嘔吐しました。

2010年の手術に比べ、良かった事は、
尿管を外した後、しっかり尿が出た事です。
前回は、尿を出すのに苦労しました。

夜は、痛み止めの注射を打ってもらい、
最後の点滴が終わった後、
初めて、眠剤を服用して、
浅く、朝まで眠れました。
(夕食は、お粥・茶碗蒸しと梅ゼリー、煮魚でした)


術後2日目 10/8(日)
①硬膜外麻酔の管がは外れた
②ドレーンの管が外れた
③朝からロキソニンと胃薬の服薬が始まった(1日3回食後)
④シャワー浴再開

管を抜く際に、痛みは全く無かったです。
この日は、日曜日でしたが、
硬膜外とドレーンの管を外すのは、
担当医が対応してくました。

身体が自由になり、
職場の人や両親に、今の状態をメール連絡しました。
夜も、それなりに眠れました。


術後3日目 10/9(月)
点滴の管は、2日前に外れたが、
針は刺さったままになっていました。
手術翌日から貧血症状が有り、
その場所から、血剤を入れていました。
針は、同じ場所4日までなので、
針を抜き、今回から、血剤注射になりました。
そして、普通食になりました。(朝はパン食、夜はカツカレーでした)
ところが、この日より、熱は下がりましたが、
下痢と頭痛がひどくなったのです。


術後4日目 10/10(火)
画像は、昼食です。

病院食(入院・手術、そして退院) NO,2

朝は、パン食、
夕食は、ジンギスカンと梅ゼリーが美味しく、
それ以外は、残しました。
両親が持ってきてくれた、
柿・梨・葡萄を、おやつの時間に少し食べました。


術後5日目 10/11(水)
画像は、昼食です。

病院食(入院・手術、そして退院) NO,2

今までで、一番美味しかった昼食です。
早朝、渡り鳥を見ました。
朝・夕は、腹痛と頭痛が有りました。
担当医が、様子を見に来ました。
血剤注射後、シャワー浴を行いました。
(シーツ交換が有りました)
夫が、自宅で棚作り中に指を切ってしまいました。


術後6日目 10/12(木)
画像は、昼食です。

病院食(入院・手術、そして退院) NO,2

朝から、雨降りでした。
歩行は、スムーズになりました。
この日も、血剤注射を打ちました。
ロキソニンは、自己管理して良いとの事で、
昼より服薬を止めました。
やっと、便が固形になりました。
退院前説明有り、傷口のテープ購入説明と、
退院後、体調不良(腸閉塞等)の場合の連絡先の説明が有りました。
腸閉塞には、絶対になりたくないです。
夕食は、豆腐ハンバーグ、はちみつゼリーが美味しかったです。
昨日、全く眠れなかったので、この日も眠剤を服用しました。
排尿が頻回に有りました。
(この日は、金田朋子さんのブログに励まされました)


術後7日目 10/13(金)
画像は、昼食です。

病院食(入院・手術、そして退院) NO,2

手術後に筋肉注射をしてくれた、
テキパキとした看護師が、
入院最後の日勤当番でした。
午前中に採血を行い、その後シャワー浴、
夕方、その日の手術仕事を終えた担当医が、
退院前診察を行い、取り出した臓器の画像を見せてくれ、
次回の通院日が決まりました。
「(血液検査で)貧血は少し有り、胃腸も少し弱っていますが、受診するほどでは無く、問題無いでしょう」
「術後は、(今までの)痛みがなくなると思いますよ」と言っていました。
頭痛と頻尿、腹痛が有り、
夜から落ち着き、最後のデイルームで読書、
この日は、アイスノン無し、眠剤(ゾルピデム)服薬して、
浅く眠れました。
4人部屋でしたが、この何日で入れ替わりが多かったです。
そして、最後の夜は、一人ぼっちでした。
診察の際に、傷口を大きく覆っていた、
蜂の巣ガーゼが取れ、薄いテープのみとなりました。
今回は、抜糸や抜鈎が無く、自然に無くなるそうです。


退院
お世話になった病院

病院食(入院・手術、そして退院) NO,2

看護師さんが、素晴らしかったです。
食事量や体調確認、
そして、体調不良時の判断など的確に行ってくれました。


想い出の駐車場

病院食(入院・手術、そして退院) NO,2

2階の駐車場に、車を停めると、
ちょうど、病室から夫の姿が見えて、
手を振りました。

色々有りましたが、無事退院出来ました。
入院日と、退院日は、快晴でした。
この先、多少嫌な事が有ったとしても、
病気をして、苦しい思いをするよりマシかな、
そんな事を考えました。


にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村


 病院食(入院・手術、そして退院) NO,1
2017年10月15日 (日) | 編集 |
10月5日(水)天気は晴れ、
前日から仕事を休み、
今回は、右卵巣嚢腫と子宮の摘出、
開腹手術の為、10日間入院しました。

札幌伏見稲荷神社

病院食(入院・手術、そして退院)

病院食(入院・手術、そして退院)

手水舎

病院食(入院・手術、そして退院)

駐車場に車を止めて、
「無事、手術が終わりますように」と、
お願いしました。

病院食(入院・手術、そして退院)

この後、病院へ向かいました。


病室の窓

病院食(入院・手術、そして退院)

4人部屋にしました。
今回は、窓側でした。

部屋

病院食(入院・手術、そして退院)

2年前には、ダグラス窩膿瘍で10日間入院、
それから、こちらの病院でお世話になっています。
①病衣・タオルセット(バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオル)貸与・1日おき交換
②歯ブラシセット・コップ付き、ティッシュ1箱付き
③シーツ交換は、10日間の入院中2回対応してくれました。

昼食

病院食(入院・手術、そして退院)

デイルームで食事を摂りました。

入院当日
①館内案内と入院説明
②麻酔科診察
③MRI検査
④おへその掃除
⑤膣消毒
⑥全身麻酔説明のDVDを観る


手術前日の夕食(18時)まで、食事が摂れます。
洗髪室・共用シャワー室2ヶ所・共用浴室が有ります。
シャワー浴(9時~17時まで)を行い、夕食後は21時消灯でした。

入院翌日 手術
①10時まで、水を飲む事が出来る
②浣腸を行う
③手術着に着替える
③点滴が始まる


1週間前より少し喉の調子が悪く、
手術当日になって、
熱は37.1度出てしまいました。
手術は、13時半からでした。


~手術前~
手術室まで(病室と別階)、病棟看護師と夫と一緒に歩いていきます。
手術室入口で病棟看護師と夫と別れました。
①手術室看護師に、名前、生年月日を聞かれ答えます。
*手術室には、医師が既に待機していました。
②自分でベッドに上がり、心電図・血圧計等取り付けられます。
*少し、眠くなりますよと言われ、眠れません。
③背中から、局所麻酔を打ち、硬膜外麻酔の管を通してくれました。
*中々入らず、時々ピリッとした痛みが走りました。
④仰向けになり、マスクを当てられ、眠ってしまいました。

~手術後~(2時間後)
①気がつくと、病室から移動してきたベッドに移乗され、病棟看護師がベッドを移動していました。
②気管挿菅を抜いた感覚は無かったが、呼吸できないくらい喉がガサガサでした。
③全身が痛くて、大きな声を出し「痛い、痛い」と叫んでいました。
④痙攣を起こしており、看護師は寒いのだと思って、電気毛布を掛けてくれました。
⑤病室へ戻ると、2回嘔吐しました。

私の身体に取り付いていたのは、
①硬膜外麻酔の管
②尿管カテーテル、
③点滴
④足のマッサージ機
⑤ドレーン(お腹に溜まった血を抜くため)

それと、酸素マスクです。

手術が終わったのが、おそらく16時頃で、
面会終了時間が20時まで、
私は「痛い、痛い」 と叫んでいて、
夫が、ずっと身体を、さすってくれていました。
そして、20時から、翌日の8時まで、
この状態が続くかと思うと、恐ろしくなりました。
あまりにも痛くて、苦しくて、涙も出ませんでした。
取り付けている物が多すぎて、寝返りも出来ませんでした。

そのうち、特に痛いのは左の腰とお腹である事がわかりました。
痛み止めの注射→座薬→湿布をしたけどダメでした。
もう全く眠れず、夜中0時過ぎに、別の看護師が来て、
「左腰が痛いのは、管が入っているからだよ」と教えてくれて、
そこで、ドレーンだとわかったのです。
「すごく痛いけど、筋肉注射してみる?」と聞かれ、
即、お願いしたのです。
そして、やっと3時間ばかり、眠る事が出来ました。
眠ったのは、3時間、
そして、苦しみ耐えたのが13時間です。

後から、夫から聞いたのですが、
癒着がひどく、出血量も多かったそうです。
2010年の手術 yahooブログ ← クリック
と比べ、何十倍も苦しい手術でした。

~つづく~

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村


  NTT東日本札幌病院 食堂 「日替りランチ」と術前検査
2017年09月30日 (土) | 編集 |
9月22日と26日、
術前検査で病院へ行き、
昼食は、病院内の食堂で食べました。
NTT東日本札幌病院 食堂

NTT東日本札幌病院 食堂 「日替りランチ」と術前検査

平日、11:00~15:00までの営業で、
一般の外来患者も利用できます。

日替わり・定食メニュー

NTT東日本札幌病院 食堂 「日替りランチ」と術前検査

種類も豊富で、
ヘルシーメニューです。
ドック食が豪華で美味しそうなんです。

食券

NTT東日本札幌病院 食堂 「日替りランチ」と術前検査

食券購入後、セルフサービスです。
食券をトレーにのせて、
出来上がりを待ちます。
漬物2種は、お好みで頂きます。

アラカルト オムカレー 590円

NTT東日本札幌病院 食堂 「日替りランチ」と術前検査

こちらは、夫が食べました。
薄味のカレーです。

Aランチ カニクリームコロッケ 520円

NTT東日本札幌病院 食堂 「日替りランチ」と術前検査

こちらは、私が食べました。
子供の頃に食べた、
懐かしいカニクリームコロッケです。
美味しかったです。

店内

NTT東日本札幌病院 食堂 「日替りランチ」と術前検査
席は、職員と一般に分かれています。
同じ階に、ファミリーマートと、
ちょっとした喫茶が有ります。

来月、入院と手術をします。
術前検査は、尿検査・血液検査、
生理検査・放射線検査でした。
喘息持ちの私は、呼吸機能検査で引っかかり、
再び検査を受けて、無事、手術が決まりました。
今回、右卵巣腫瘍で開腹手術をします。

2010年に筋腫の手術で開腹手術をしましたが、
その後もリュープリン注射やピルでの治療、
2年前にダグラス窩膿瘍にもなり、
腹痛と排便障害で苦労しました。
今回の手術は、痛みからの開放と、
仕事にも支障が出来たからです。
他の方のブログで、大変参考になりました。

ブログは、自分自身の日記でも有るので、
前回同様(yahooブログ時代)、
入院日記や食事もブログにします。
約1ヶ月半、仕事を休むので、
その時間を無駄にしたくないです。
手術前日まで仕事頑張るぞ。

●NTT東日本札幌病院 食堂●
札幌市中央区南1条西15丁目 NTT東日本札幌病院 2F
営業時間
11:00-15:00
ランチ営業
定休日 [土・日・祝日]

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村