北海道を、ブロンプトン(自転車)& Honda N-WGN で旅したい。
 青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』
2014年01月26日 (日) | 編集 |
青森県 酸ヶ湯温泉から札幌の自宅に帰宅し、
1週間以上が経ちました。
私は完全に体調を壊し、仕事は休めず、
本当に苦しい1週間でした。

さて・・・前回のつづきです。
酸ヶ湯温泉で一泊して、
午前10時にチェックアウトしました。
無料送迎バスは、12時30分の出発です。
2時間30分の時間がありました。

日帰り休憩室

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

宿泊者も利用できる休憩室です。

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

窓からの風景

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

ポカポカと温かく、
(体調が悪く)
ここで横になろうとも考えましたが、
せっかく来たのに、もったいないと考え、
館内散策をしました。

この日1/17(金)は、計画停電で、
何処も真っ暗でした。


鬼面庵

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

函館駅で立ち読みした青森県情報誌に、
このお蕎麦屋さんが紹介されており、
気になっていたのですが、
酸ヶ湯温泉内のお蕎麦屋さんだったのです。

生姜味噌おでん 300円

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

青森のB級グルメだそうです。

縄文すいとん入り鳥そば 850円

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

どんぐり・栗・長芋を練りこんだすいとんと、
青森県産の桜姫鳥を使用した、
お店のオススメの蕎麦です。
蕎麦とおでんを、2人で分けて食べました。

八甲田の清水

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

お水も美味しかったです。


ぶな林

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

店内

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

コーヒー

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

鬼面庵で食事したレシートを見せると、
コーヒを安く飲みことが出来るのです。
(レシートは、計画停電の為出ず、手書きの領収書でした)

おみやげ

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

暖簾は、自宅の脱衣場入口に掛けました。


宿泊施設の廊下からの風景

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

最後にまた、混浴風呂に入りました。


酸ヶ湯温泉

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

雪深いです。

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

今度は、いつ来れるかな・・・また来ます。
全てを目に焼き付け、
無料送迎バスで、青森駅へ向かいました。

うにいくら弁当

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

特急白鳥のワゴンサービスで購入、
1つを2人で夕食として食べました。

特急スーパー北斗に乗り、
札幌へと帰ってきました。

青森県 酸ヶ湯温泉 『鬼面庵&ぶな林』

臨時列車ということもあり、
ワゴンサービスはありませんでした。
途中2回も故障のため停車し、遅れて到着、
ちょうど、急行ハマナスが、ホームに入ってきたのを見て、
次回は乗りたいな・・・そんな事を考えました。

さて、もう一つ目標が出来ました。
今度は夏に東北へ~岩手県久慈市に行きたいです。
お・わ・り


国民保養温泉地 酸ヶ湯 鬼面庵 & ぶな林 ← クリック
青森県青森市八甲田山1
℡ 017-738-6400

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 青森県 酸ヶ湯温泉
2014年01月19日 (日) | 編集 |
東北へ行くのは、16年振りでした。
前回は、苫小牧発仙台行きのフェリーに乗り、
FIFAワールドカップを見ながら、
フェーリー内で一泊し、
仙台・松島・多賀城など、
私が子供の頃過ごした場所を旅したんです。

今回は、JRを利用して、
一泊二日で、温泉に行って来ました。
酸ヶ湯温泉

青森県 酸ヶ湯温泉

雪深いところでしたが、
無料送迎バスを降りると、
(札幌に比べると)それほど、寒くは感じませんでした。

ロビー

青森県 酸ヶ湯温泉

玄関には、ズラリとスリッパが並んでいます。
フロントでは、紺色の制服を来た女性が、
チェックインの手続きをしてくれました。

ねぶた

青森県 酸ヶ湯温泉

綺麗でした。
ねぶた祭に行きたくなりました。

2階 廊下

青森県 酸ヶ湯温泉

チェックイン後は、
中居さんが館内案内をしてくれます。

部屋

青森県 酸ヶ湯温泉

格子戸を開けると、襖の扉が一枚 鍵付きです。
そこは、意外と綺麗な部屋でした。


ヒバ千人風呂

青森県 酸ヶ湯温泉

大浴場(混浴)入口

青森県 酸ヶ湯温泉

混浴ですが、女性専用時間が、
午前8時から9時と、
午後8時から9時の、
入浴時間があります。

混浴をまもる会 三か条

青森県 酸ヶ湯温泉

浴室は写真撮影禁止のため、
パンフレットから

青森県 酸ヶ湯温泉

実際は、湯気が凄くて、
浴室の縁がわかる程度、
人の顔など、全くわからない状態です。

ヒバ千人風呂は、160畳の巨大な総ヒバ造り、
柱が一本もない大浴場です。
●熱湯(ねつゆ)・・・浴槽の底から湧く源泉で、何故か温めの湯
●四分六の湯・・・女性脱衣所側の浴槽で、一部衝立があり、何故か熱めの湯
●鹿の湯(湯瀧)・・・打たせ湯
●冷の湯(かぶり湯)・・・入浴前や上がり湯に

男女別の脱衣所、貴重品ロッカーがあります。
洗い場はありません。

玉の湯(内湯)
身体を洗える(洗い場のある)、
男女別の浴室もあります。

青森県 酸ヶ湯温泉

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・固形石鹸、
そしてドライヤーも有ります。
比較的新しい浴場で、シャワーなども充実しています。
勿論、浴室も手すりがあり、温泉そのものも最高でした。

言うまでもなく、どちらも素晴らしい温泉でした。


夕食

青森県 酸ヶ湯温泉

みそ汁は、一口ガスコンロであたためます。
(これに、感動しました)

青森県 酸ヶ湯温泉

魚が美味しい北海道ですが、
東北の料理も、とても美味しく、
びっくりしました。

特に汁物が美味しく、
せんべい汁やみそ汁のダシが効いた味が、
忘れられません。
肉鍋は、味噌に甘みのほか、生姜が加わります。
一手間かかった味です。


実は、今回の旅の前日から、体調に変化があった私は、
夕食後から強い寒気を感じ、何度も浴室に飛び込みに行きました。
朝方から、呼吸が乱れ、持病の軽い喘息になり、
一睡もできませんでした。


朝食会場

青森県 酸ヶ湯温泉

もしかしたら、札幌に帰れないかも・・・そうも思いました。
いつも持ち歩いている、薬を夜中に服薬し、
朝を迎えた私たちは、朝食会場へ向かいました。

プリプリのたらこ

青森県 酸ヶ湯温泉

熟成 うにみそ

青森県 酸ヶ湯温泉

JAアオレン 濃縮還元 リンゴジュース

青森県 酸ヶ湯温泉

今考えると、どれも美味しそうで、
食べれなかった自分が悔しいです。

夫が食べた朝食

青森県 酸ヶ湯温泉

私が食べた朝食

青森県 酸ヶ湯温泉

この後、しばらく布団に横になり、
午前10時にチェックアウトしました。
でも、そのつづきがあるのです。

無料送迎バスは、12時30分出発なんです。
・・・つづく。

国民保養温泉地 酸ヶ湯 ← クリック
青森県青森市八甲田山1
℡ 017-738-6400

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村



 JRで行く 青森県 酸ヶ湯温泉
2014年01月19日 (日) | 編集 |
今年の目標は、
東北の温泉へ行く事です。

始発の地下鉄に乗り、
札幌7:00発 特急スーパー北斗2号に乗りました。

JRで行く 青森県 酸ヶ湯温泉

季節限定品 北海道三昧 冬御膳 980円

JRで行く 青森県 酸ヶ湯温泉

札幌駅で、駅弁1つを購入し、
2人で食べました。
固くて、寂しいお弁当でした。

切符

JRで行く 青森県 酸ヶ湯温泉

約3時間半、昼寝をしたり外を見たり、
行きの特急は、とても快適でした。


函館駅に到着しました。

JRで行く 青森県 酸ヶ湯温泉

駅前から見えた、函館山です。

函館駅では本屋さんで立ち読みして時間を過ごし、
今、DVDを借りてハマっている、
「あまちゃん」の本を買いました。

函館発 11:19 特急白鳥28号に乗りました。

JRで行く 青森県 酸ヶ湯温泉

意外と古い列車で、驚きました。

青森函館物語

JRで行く 青森県 酸ヶ湯温泉

JRで行く 青森県 酸ヶ湯温泉

イカめし・ホタテ・お肉・鮭のちゃんちゃん焼き・しじみ等、
全てご飯物で、とても美味しかったです。
たまたまだったのか、
札幌と函館、こんなにも(駅弁の味が)違うのかと、
驚きました。

木古内を過ぎ、
列車は青函トンネルへと入りました。
「ゴー」と言う音に変わります。

JRで行く 青森県 酸ヶ湯温泉

この時、私も夫も口にはしませんでしたが、
正直何とも言えない気持ちになりました。

カシオ・プロトレックの高度計の数字(マイナス240㍍)を見て、驚きます。
私は、生きて帰れないかも、なんて考えました。

軌道長53.85km(海底部23.30km)は、
あっという間でした。
地上の風景になり、ホッとしました。

蟹田駅

JRで行く 青森県 酸ヶ湯温泉


あおもり駅に到着しました。

JRで行く 青森県 酸ヶ湯温泉

綺麗な駅でした。
何故か、駅舎内に鳩がいて、
誰も気にしないのです。

外に出てみると、札幌と変わらないほど雪がありますが、
意外と暖かく感じました。
札幌のような、刺さる様な寒さではありません。


酸ヶ湯温泉行き、無料送迎バス

JRで行く 青森県 酸ヶ湯温泉

駅前のアウガ駐車場横から、
バスに乗りました。

街中を過ぎ、
バスは八甲田山方面へと向かいます。

JRで行く 青森県 酸ヶ湯温泉

道路は、対向車とギリギリすれ違えるほどの狭さと、
バスの高さを超える、雪の壁でした。
約1時間ほどで、酸ヶ湯温泉に到着しました。
・・・つづく。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村