北海道を、ブロンプトン(自転車)& Honda N-WGN で旅したい。
 旭川⇒札幌(ブロンプトン輪行)最終日
2011年08月01日 (月) | 編集 |
あれから一週間も経ってしまった。
前回のつづき。

今回の夏休みは、1泊2日の旅行。
札幌発⇒富良野・美瑛(白金)に行き、
最終日は、美瑛から旭川行きの普通列車、
一両編成のワンマン列車に乗った。

美瑛発旭川


車窓からの風景を見ながら、
少しうつらうつらと眠くなっていた時、
すぐ眼の前にアオサギがいて、
その貫禄には、とても驚いた。

車内には、クロスバイク(もしかしたら、折りたたみかも)
輪行している年配の男性も乗っており、
旭川で組み立てていた。





旭川駅(構内)が、いつも来る旭川駅と違っていて、
一瞬戸惑い、何処が何処なのか、さっぱりわからなくなった。
ぐるりと一周して、ロッカー(500円)を見つけ、ブロンプトンを入れた。
(BD-1は、600円ロッカーでも入らなかった思い出がある。)

美瑛発旭川




旭川は、ぷらぷらとお散歩してみることにした。
もう何度も訪れた事がある。
駅前の買物公園通り

美瑛発旭川




2011どうゆう名店街

美瑛発旭川




ラーメンすがわら近くの、緑道

美瑛発旭川




ラーメンすがわらと共に、
旭川に来たら必ず行くお店、
ロテル・ド・北倶楽部

美瑛発旭川



ここのお菓子やケーキは、
何を食べても美味しい。
会社のおみやげに『たいせつ』というお菓子を買った。

イートインスペースは無いが、
椅子とテーブルがあり、そこでコルネットなどを食べた。
冷えた緑茶が最高に美味しかった。
(朝7時半から夜9時まで営業している。)

美瑛発旭川







若い頃に住んでいた、夫の家を見に行った。
何故か、何度も見に来ている、
何故か、昔の思い出に浸るのは、楽しい。

そしてその帰りに行くのが、
決まって常磐公園だ。

美瑛発旭川



千鳥池には、たくさんの鴨がいて、
池の中を覗き込むと、
たっくさんの小さな魚が泳いでいた。

美瑛発旭川




お店でかき氷を買って、食べた。
直射日光が、直接肌を焼き付けるくらいの暑さだったこの日、
汗でTシャツが、凄いことになっていた。

美瑛発旭川


ここへ来ると、何故か、
札幌の中島公園にいる錯覚になる。



そして、すぐ横には、
石狩川と、サイクリングロードがある。
(公園内には、温水プールもある)
こうして見ていると、
まるで、豊平川と藻岩山を見ている様な、
気持ちになる。

美瑛発旭川








暑さのせいで、
少しもうろうとなりながら、旭川駅に到着した。
外壁はまだ、完成していない様だ。

美瑛発旭川




旅の終わりの寂しさと、
充実した気持で、札幌に帰れる嬉しさとがあった。

旭川発札幌行
特急スーパーカムイ

美瑛発旭川



自転車を、車内一番後ろのスペースに、
2台とも入れることが出来た。

美瑛発旭川



今回の1泊2日の旅行で使用した、リュック。
中には、一泊分の着替えと風呂道具、
そして、お土産が入っている。

美瑛発旭川




列車に乗って、ぐっすりと眠って、
そろそろ札幌に到着するころ目が覚めた。

・・・と同時に夫の携帯電話が鳴って、
その電話の内容が、
夫にとっても、私のとっても、
非常に大切に人(夫の叔父)が、
倒れて、病院(ICU)に入っているとの連絡だった。
(先日、一緒に真駒内の六花亭でケーキを食べたばかりだったのに)

札幌駅に着いた私達は、改札口を出て、
自転車を担いたまま、タクシーで、
病院へ行くことになった。

日産クルーのトランクには、2台入らず、
タクシーを変え、
トヨタのコンフォート(クラウンのタクシー版)には、
余裕で2台入った。


どんな形であっても(例え、意識がはっきりしていなくても)、
長生きしてもらいたいという気持ちと、
もしかしたら、心の準備が必要なのかもしれないと言う、
複雑な気持ちで、この一週間を過ごしている。

スポンサーサイト

 JR美瑛駅⇔白金温泉(ブロンプトン自走)
2011年07月25日 (月) | 編集 |
お仕事夏休みの初日、
札幌から臨時特急フラノラベンダーエクスプレスで富良野に向かい、
富良野からノロッコ号で美瑛に到着した。

雲行きが怪しく、
少し肌寒い美瑛駅で、
折り畳んでいた、ブロンプトンを広げた。

JR美瑛駅を出発し、白金温泉を目指した。



白樺街道




JR美瑛駅

白樺街道




白金温泉まで19km

白樺街道




白金温泉まで14km
正面に十勝岳が見えてきた。

白樺街道




ゆるい上りが、ひたすら続く。
まずは、オプタテシケ山が見えてきた。

白樺街道




白金温泉まで7km
正面に十勝岳が見えるはずだが、
雲で見えない。

白樺街道




白金温泉まで5km
ここからの景色、白樺街道が、
綺麗なはず・・・なのだけど、
この残り5kmが、苦しかった。

予定より大幅に遅れ、宿へ連絡を入れた。

天気のせいなのか、
葉っぱに見えたはずが・・・緑色の毛虫だった。
この辺りから、
草むらから、道路横断をする、
たくさんの毛虫たちをかわしながら、走行した。

白樺街道




勾配9%の上り坂。
こうなってくると、
目の錯覚で、
上り坂が、下り坂に見えるのは、
なぜなんだ。

白樺街道




残り1km地点
ホテルパークヒルズの屋根が見えてきて、
思わず、「やった~」と声を出した。

白樺街道




ついに到着。
本日の宿泊先である、
温泉民宿 林道
宿の女将が、
「お疲れ様でした」と、
迎えてくれた。

白樺街道



到着後、すぐに入浴して汗を流した。
あの時の、手足を伸ばした気持良さ、
その後の夕食が、とても美味しかったこと、
ずっと、ずっと、忘れない。






この時の疲労感や、
天候のことを考え、
明日の朝は、
すぐ近くのバス停から、
バスに乗って、旭川を目指そうかな、
そう思っていた。

翌日、朝食後にお散歩をして、
この天気の気持ち良さは、
自転車に乗らないと、勿体無いと思った。

白樺街道




お世話になった、
思い出いっぱいの、
温泉民宿 林道を、
大女将とご主人に見送られて出発。

白樺街道




昨日は見えなかった美瑛岳

白樺街道




そして、美瑛富士

白樺街道

白樺街道




白樺街道を抜け、
振り返って見た、山と田園風景

白樺街道




美瑛駅まで、残り1km
最初の10kmは、
ほとんど、自転車をこがないでも、
自転車は進んだ。

白樺街道




美瑛駅到着

白樺街道



そして・・・振り返った。

白樺街道


いつか私が、
もっともっと、年をとった時、
それまで、この景色を忘れないで、
生きていきたいと、そう思った。

一瞬の一瞬を大切に・・・。




ATLASより (走行時間)
行き上り 1時間42分23秒 平均速度 11.7km/h 最大速度 25.0km/h
帰り下り    58分13秒 平均速度 20.8km/h 最大速度 29.5km/h 

標高 美瑛駅   237m
    白金温泉 618m




そして、この後は、
旭川へ向かった・・・つづく。

 ふらの・びえいフリーきっぷ
2011年07月25日 (月) | 編集 |
昨年の美瑛ヘルシーマラソンでは、
せっかくの綺麗な景色(白樺街道)を楽しめる余裕も無く、
苦しさだけが残ってしまい、
そして、今年は出場すら出来なかった苦い思い出から、

今回のお仕事夏休みは、
JR美瑛駅~白金温泉までの約21km(往復約42km)を、
自転車で走ってみることにした。



1泊2日の行程

①札幌⇒富良野(臨時特急フラノラベンダーエクスプレス)
 富良野で食事
②富良野⇒美瑛(ノロッコ号)
③美瑛⇒白金温泉(折畳み小径車ブロンプトンで自走)
 温泉民宿 林道で宿泊
④白金温泉⇒美瑛(折畳み小径車ブロンプトンで自走)
⑤美瑛⇒旭川(普通列車)
 旭川散策・食事
⑥旭川⇒札幌(特急スーパーカムイ)


ふらの・びえいフリーきっぷ
札幌発 5,400円(往復)
→札幌~滝川間は往復1回の利用
 滝川~旭川~美瑛・富良野・幾寅は、
 乗り放題(有効期限4日間)

フラノエクスプレス





まずは、地下鉄輪行

フラノエクスプレス





札幌発
臨時特急フラノラベンダーエクスプレス3号
9:06富良野行き

フラノエクスプレス



列車は5両編成で、
3号車のみ2階建てとなっている。
1階がラウンジ、2階が客席、
客室案内の(綺麗な)女性も同乗した。

列車内に大きな荷物置場有り

フラノエクスプレス




札幌駅で購入した、
駅弁『どさんこ牛deまきまき創作寿し580円』

フラノエクスプレス

フラノエクスプレス



1階ラウンジは、
ホームの高さと同じくらいの目線で見ることが出来る。
コーヒーやアイス、お菓子が販売されており、
その場で、食べることが出来る。

フラノエクスプレス








富良野に到着

フラノエクスプレス



唯我独尊で食事

フラノエクスプレス







富良野⇒美瑛
ノロッコ号に乗った。

フラノエクスプレス

フラノエクスプレス



ノロッコ号の内部(指定席)
私達は、自由席4人がけ向かいあわせ席に座った。

フラノエクスプレス



車窓からの風景
ファーム富田

フラノエクスプレス



ラベンダー駅(臨時駅)

フラノエクスプレス



車窓からの風景
日の出公園

フラノエクスプレス


美瑛町のポスターとなった風景

フラノエクスプレス





うつらうつらと眠気があり、
綺麗な景色を見ながら、
美瑛駅に到着した。

フラノエクスプレス




雲行きがあやしく、
少し肌寒かった美瑛駅。
この後、白金温泉目指して、
自転車で出発した。

つづく・・・。