北海道を、ブロンプトン(自転車)& Honda N-WGN で旅したい。
 コタン温泉 コタン共同浴場&コタン温泉露天風呂
2013年09月18日 (水) | 編集 |
宿泊した屈斜路湖物語 丸木舟の近くにも、
素晴らしい温泉がありました。
コタン共同浴場

コタン共同浴場&コタン温泉露天風呂

街灯が少なく、辺りは真っ暗でした。
この明かりを頼りに、
足元を確認しながら到着しました。

浴室

コタン共同浴場&コタン温泉露天風呂

こういったお風呂大好きです。
*女性用浴室入口にのみ、
入浴中の注意事項が、書かれていました。
生理中の入浴は禁止、実際にその形跡があり、苦情となったことや、
身体を洗わずに入浴する人がいる等です。

素晴らしい温泉なので、
大切に入浴してほしいです。

洗い場

コタン共同浴場&コタン温泉露天風呂

1966(昭和41)年の開業、
1978年に、現在の場所へと移転しました。
歴史が床に染み付いています。



翌日早朝の写真

コタン共同浴場&コタン温泉露天風呂

中々、味のある建物です。


コタン温泉露天風呂

143_20130918022056225.jpg

湖面を眺めながら、入浴が出来ます。
(今回、私は、恥ずかしいので眺めるのみでした)
翌日早朝は、やはり誰も入浴していませんでした。

気持ち良く、入浴ができました。


コタン共同浴場
北海道川上郡弟子屈町コタン温泉
015-484-2833
営業時間
12:00~21:30(閉館22:00)
休業日 水曜(GW・盆時期は営業)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 弟子屈町 屈斜路湖物語 『丸木舟』
2013年09月16日 (月) | 編集 |
きっかけは、舘浦あざらしさんの本でした。
一番の目的は、温泉そして、
その文化や音楽にも少し興味があったんです。

屈斜路湖物語 『丸木舟』


屈斜路湖物語 丸木舟

屈斜路湖物語 『丸木舟』

正面は、1階食堂の入口で、
建物横のライブハウス入口が、
プチホテル入口でした。

1階で靴を脱ぎ、
2階へ上がります。

宿泊した部屋

屈斜路湖物語 『丸木舟』

眼の前は、屈斜路湖畔です。
歩いてすぐの場所に、
コタン温泉露天風呂や、
コタン共同浴場があります。

素敵な暖簾

屈斜路湖物語 『丸木舟』

オンキョーのオーディオ

屈斜路湖物語 『丸木舟』

ベッドは、介護用ベッドの様に、
リクライニングが出来ます。
トイレはウォッシュレット、
洗面台も新しく、タオルや歯ブラシ、
部屋着なども充実しています。


浴室入口

屈斜路湖物語 『丸木舟』

暖簾を返すと、男湯になります。
浴室は一ヶ所で、鍵を掛け貸し切りです。

この日の宿泊者は、私たちを含め3名でした。
様子を見ながら、ゆっくりと入浴出来ました。

浴室

屈斜路湖物語 『丸木舟』

壁には、ボーズのスピーカーがあり音楽が流れていました。
高温の源泉は、浴槽の淵に落とすことで、
温度調整がされているので、蛇口に触ってはいけません。
水を入れ、草津温泉のように湯かき棒で温度を下げます。

屈斜路湖物語 『丸木舟』

浴室からも屈斜路湖を眺めることが出来ます。

洗い場

屈斜路湖物語 『丸木舟』

洗い場は、スノコが敷いてあり、
シャンプーやボディーソープ等も常備してあります。
(脱衣所には、脱衣カゴとドライヤーあり)
*泉質は、ナトリウム炭酸水素塩泉 源泉温度は、68.3度です。
感動しました。


休憩室

屈斜路湖物語 『丸木舟』

自販機などはありませんが、
クーラーボックスに冷えた缶の飲み物があり、
自己申告で支払います。


夕食

屈斜路湖物語 『丸木舟』

一番安い宿泊プラン(エコノミーコース)にしたので、
夕食はジンギスカンでした。
その他に、銀のしずく・金のしずくと言った、
アイヌ料理のフルコースが有ります。
(他の宿泊客の方がコース料理を食べており、羨ましく思いました)

夕方チェックインしてから、
自分の家の様に、何度も何度も外にでかけ、
屈斜路湖を見に行きました。
夕日の沈む、影のある湖はとても綺麗でした。


実は、チェックイン後に、
ライブに興味がありますかと聞かれて、
宿泊者が計3名であると聞いていたので、
何となく悪いと思い、
ライブ希望する事をためらってしまって、
「もし、ライブがあるのなら、声を掛けてください」と言っていたのです。

屈斜路湖物語 『丸木舟』

夕食後、散歩から帰って来た私たちに、
今日ライブをやることになりました、
夜8時半までに1階食堂に来てくださいと、
声を掛けてくれたのです。(すごく嬉しかった)

モシリカルテット
食堂は、ライブ会場に変わり、
幕が下がっていました。
隣には、微笑ましい感じの、
やや年配の男性がいて、
開演まで、しばらくライブや仕事のお話などをしました。
実はその方は、この宿主でライブのプロデューサー、
アト゜イさん(発音は、アトゥイさん)だったのです。

ミュージシャン グループ モシリの25周年ライブを収録してCDにする、
素晴らしい機会を、経験することが出来たのです。
(本当に聴いてみたいという気持ちが伝わらないと、このライブを体験出来ないと思います)

屈斜路湖物語 『丸木舟』

*注意:ライブ中の写真撮影は禁止です。
    写真は、ライブ後に写しました。
リードボーカルは、シノッチャキ 房恵さんです。
記念撮影後、(シノッチャキ房恵さんと私たちを一緒に写してもらった)
その写真をCDジャケットに作ってくれ、
購入しました。
音楽のテーマは、人間と自然だと、感じました。
彼女たちの音楽やダンス、セリフに至るまで、
一寸の狂いもありません。
JBLの大きなスピーカー、ヤマハのスピーカー、
シンセサイザーなど、
言葉で表現出来ないほど、スケールが違いました。


アト゜イさんは話していました。
本業はミュージシャンです。
(音楽で、儲けることで)
本当の音楽を壊したくないので、
普段は、サイドビジネスとして(生計を立てるために)
宿の仕事をしたり、
食事を作ったりしているのです。


朝食は、2種類から選べます(前日に)

洋食

屈斜路湖物語 『丸木舟』

和食

屈斜路湖物語 『丸木舟』

私は、和食を選びました。
ヒメマスの塩焼きです。
「皮まで食べてくださいね」と言われます。
(勿論です)
「納豆や牛乳大丈夫ですか」と聞かれます。
(嫌いな食べ物は無いです)
煮干しダシの効いた味噌汁も、
綺麗に切り込みの入ったナスの煮物も、
一つ一つが丁寧で、本当に美味しかったです。

朝の散歩

屈斜路湖物語 『丸木舟』

私には、まだまだ知らない事がいっぱいあるんだと、
打ちのめされました。


屈斜路湖物語 丸木舟 ← クリック
北海道川上郡弟子屈町屈斜路コタン
℡ 015-484-2644


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村



 川湯温泉 御園ホテル
2013年09月15日 (日) | 編集 |
法事を兼ねた、
2泊3日の道東旅行に行って来ました。
1泊目に宿泊したホテルは、
義母の好きなホテルです。

創業が1932(昭和7)年から、
川湯温泉郷の中でも最も古いホテルです。
川湯温泉 御園ホテル

川湯温泉 御園ホテル

こちらで親戚達と待ち合わせをしました。


宿泊した部屋

川湯温泉 御園ホテル

チェックイン時に、
ピンクの犬のぬいぐるみを頂きましたが、
置いて帰りました。

窓からは、硫黄山が見えます。
時間が有り、天気が良ければ、
行きたかったのですが、
行けませんでした。


夕食

川湯温泉 御園ホテル

宴会会場で頂きました。
品数が多く、完食すると、
お腹いっぱいで、苦しかったです。
・お刺身
・焼き魚
・鮭のちゃんちゃん焼き
・茶碗蒸し
・豚の角煮
・海鮮サラダ
・カニの甲羅グラタン
・鮭の粕漬け、たこわさび
・つけもの
・スイーツ等
和風ホテルらしい食事内容でした。


朝食会場

川湯温泉 御園ホテル

バイキングでした。
種類が多く、充実していました。



さて、川湯温泉自慢の、
お風呂です。
北海道随一の強酸性泉

内湯

川湯温泉 御園ホテル

とにかく、もの凄く広くて、
何処に自分の居場所を作ろうか、
考えたくらいです。

強力な殺菌効果の強いお湯ですが、
皮膚の弱い私には、強すぎました。
入っていて、皮膚が突っ張るように痛いのです。

いつもは、宿泊したお風呂に、
4~5回ほど入るのですが、
今回は、寝る前と、早朝に1回ずつ、
短時間で上がりました。
とても強い温泉です。

露天風呂

川湯温泉 御園ホテル

1998年から始まった、私たちの温泉旅行は、
当時の旅行雑誌にこの露天風呂の画像があり、
いつか泊まってみたいと思っていたんです。

同じ川湯温泉でも、
川湯温泉駅のあし湯や、
川湯駅前温泉 パークウェイは透明の湯ですが、
こちらは、少しにごり湯にも見えます。
綺麗でした。

チェックアウト後、
雨の中釧路へと向かいました。

法事のため寺へ行ったり、
雑誌HOで掲載されていたガラスうさぎのお守りを買いに、
鳥取神社へ行き、品切れだったり、

川湯温泉 御園ホテル

鶴居では、たくさんの丹頂鶴と、
渡部トメさんにも会え、お話も出来ました。

川湯温泉 御園ホテル

傘をさしながら鶴を見学する観光客のことを、
ダメだと言っていました。鶴は、傘を怖がるそうです。


そして、いよいよ2泊目は、
念願のあのホテルへと、コタン温泉へ向かったのです。
・・・つづく。

川湯温泉 御園ホテル ← クリック
TEL 015-483-2511
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉3-1-20

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


 川湯温泉 川湯公衆浴場
2013年09月13日 (金) | 編集 |
以前から、ずっと気になっていました。
温泉街の温泉銭湯って、
絶対に良いと思うんです。
川湯公衆浴場

川湯温泉 川湯公衆浴場

運良く、空いていました。
翌日、この建物前を通った時は、
車のほか、バイクが数台止まっていました。

ロビー

川湯温泉 川湯公衆浴場

入浴料1人250円です。

脱衣所

川湯温泉 川湯公衆浴場

ロッカーや、脱衣カゴは無く、
棚があります。
建物は、1958(昭和33年)に設立された当時のまま、
歴史を感じる素晴らしい建物です。
そして、何よりお湯が素晴らしい温泉です。

浴室

川湯温泉 川湯公衆浴場

広い方の浴槽が、源泉主浴槽で、
もう一つは、熱交換に使った地下水の真湯浴槽です。

地元の方が、1人入浴中、
私に、「熱いお湯、慣れているのですね」
(はい、熱い湯が好きなんです)

凄く気持ち良かったです。
時間があれば、もっとゆっくりと、
入浴したかったです。


無料の屋根付き足湯 入口

川湯温泉 川湯公衆浴場

この日の、最高気温は、13度でした。

あし湯

061_201309130001254b0.jpg

川湯公衆浴場のすぐ向かえが、
湯の川園地、その入口に無料の屋根付き足湯があります。
風情があって、素晴らしいです。


川湯公衆浴場
上川郡弟子屈町町川湯温泉3-17
含食塩ー明バン緑バン泉
8:00~20:00

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


 川湯温泉駅& 『あし湯』
2013年09月11日 (水) | 編集 |
道東へ行ったら、
必ず行きたい場所があります。
川湯温泉駅

川湯温泉駅& 『あし湯』

この駅舎が大好きです。

駅の事務室・貴賓室に当たる部分に、
美味しいビーフシチューのレストラン
「オーチャードグラス」が入っています。

今回は、食事はしないで、
オーチャードグラス25周年ポスター
(色えんぴつ画家 鈴木周作さん作品)を、
購入しました。


あし湯

川湯温泉駅& 『あし湯』

この場所、実は、
現駅舎とともに建設された旧トイレで、
駅前に新トイレが完成した際に、
ログハウス調の外観を買われて、
足湯にされたものだそうです。
~ウィキペディアより~

足湯

川湯温泉駅& 『あし湯』

素敵ですよね。

次回、川湯温泉街の、
憧れの温泉へと・・・つづく。


●川湯温泉駅●
北海道川上郡弟子屈町川湯駅前1丁目