北海道を、ブロンプトン(自転車)& Honda N-WGN で旅したい。
 浦臼町温泉保養センター
2012年08月07日 (火) | 編集 |
さてと、昨日の・・・つづき。
自宅である札幌を出発した私たちは、
国道12号線を通り砂川市で昼食を摂りました。

いつも食事後の楽しみは温泉なのですが、
この日は、何処へ行くかが決まっていなかったんです。

うたしない チロルの湯は行ったことあるし、
上砂川温泉 パンケの湯は行ったことが無いので、
ここへ行こうか・・・とも考えたのですが、
そうだ、国道275号線をドライブして帰ることにしました。

行って来たのは、
浦臼温泉保養センター

浦臼温泉保養センター

この近くには、道の駅うらうすがあって、
よく、旭川のすがわら・・・という大好きなラーメンを食べにいくのに、
ここで寄り道して、
すぐに溶けてしまうソフトクリームを食べていました。
その流れで、大好きな温泉、妹背牛温泉ペペルに行くのが私たちの行動パターン、
こちらの温泉へは、中々行けなかったんです。



決して新しくは無いのですが、
地元の人が、多く足を運んでいる様子があります。
この日、お祭りだったんですよ。

浴室入り口

浦臼温泉保養センター

入浴料は二人で800円、
自販機で券を購入して、
入浴します。





今時珍しい、露天風呂のない、
内湯のみの温泉です。

浦臼温泉保養センター

主浴槽の窓からは、
鶴沼が一望出来ます。



主浴槽の他、
気泡風呂と地下水使用の水風呂があります。

浦臼温泉保養センター

温泉は強食塩泉系で、
皮膚病には定番があるそうです。
皮膚の弱い私も、入浴してみて、
実感出来ました。
身体も良く温まります。

これは、また、
お気に入りの温泉が出来たと、
嬉しくなりました。

ボディーソープ、ドライヤーは1台あります。



この日は、雨降りでした。

浦臼温泉保養センター

日が変わり、火曜日となってしまいましたが、
昨日の月曜日は朝からアクシデント続き、
地下鉄が止まって、遅刻するし、
午後から持病の下腹部痛があり、
周りの人達に大変迷惑を掛けました。
そんな私は、早く帰宅し、
先ほどまでぐっすりと眠りました。

もう、すでに休みの土曜日が待ち遠しいです。



●浦臼温泉保養センター●
北海道樺戸郡浦臼町キナウスナイ188
℡ 0125-68-2727
入浴時間 10:00~21:00
休館日 年中無休
入浴料 400円
スポンサーサイト