北海道を、ブロンプトン(自転車)& Honda N-WGN で旅したい。
 マメの町 スイーツの町 本別町
2012年09月02日 (日) | 編集 |
・・・つづきは、
本別町です。

私が本別を初めて訪れたのは、
今から15年前、
芽登温泉に行く途中、
こちらで食事をして、
温泉の場所を聞いた時以来です。

今回は、本別温泉グランドホテルに宿泊し、
本別の魅力に迫ってみました。

豆、小麦、てんさいなどの生産がさかんで、
マメ、スイーツ、農業の町と称される、
本別町です。

岡女堂本家

岡女堂本家

建物隣に、駅ホームがあるんです。
岡女堂駅(おかめどうえき)は、
北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線の駅だったんですね。



今回義父の一周忌法要で、
釧路に行く途中に寄った本別ですが、
ここには、義父の大好きだったお菓子を買いたいという、
義母の思いがあったんですよね。

それは、黒豆茶と
黒千石きな粉ねじり 200円

岡女堂本家

試食的な食事が楽しめました。

きな粉ねじりといえば、
水飴ときな粉で作ることが出来ます。



岡女堂羊羹(本練り) 220円

岡女堂本家

羊羹・・・子供の頃は、
嫌いでした。
今は、和菓子大好きです。




続いては、
私が兼ねてから行きたかったお店です。

松月堂

岡女堂本家

こちらは、和菓子のお店ですが、
私の目的は、シフォンケーキです。


シフォンケーキ キャラメル 760円

岡女堂本家

直径18cmですが、
美味しくって殆ど一人で食べちゃいました。

自分でも、よく作るので、
参考に・・・。




北の道の駅 ステラ☆本別

岡女堂本家

この「道の駅」は、
明治42年に本別町に鉄道が開通して、
平成18年4月に「ふるさと銀河線」が廃止されるまでの、
旧本別駅です。



サイレージ

岡女堂本家

本別を出発した朝、
見かけた風景です。
・・・懐かしいな~。

秋・・・眠たい秋。
これからは、何処へ行ってみようかな。



岡女堂本家 ← クリック
北海道本別町共栄18-8
℡ 0156-22-5981
営業時間 9:00~18:00
無休
スポンサーサイト

 本別温泉グランドホテル
2012年08月21日 (火) | 編集 |
昨日のつづきです。

札幌を出発した私たちは、
十勝清水で昼食を摂りました。

食後は、池田町に寄り道し、
お土産に、バナナ饅頭と十勝ワインを購入しました。

宿泊先である、本別町に入ると、
豆の町・・・ということで、
岡女堂本家にも寄ってみました。

PM4:30に到着

本別温泉グランドホテル

この自然豊かな入り口に、
感動しました。
道路いっぱいに、鳥がいたんです。


本別温泉グランドホテル

本別温泉グランドホテル

一泊目は、こちらに宿泊しました。
ここで、このホテルを選んでくれた、
義理の姉夫婦と合流しました。




メニュー

本別温泉グランドホテル

夕食のみ、宿泊部屋とは別に、
部屋を用意してあり、
義母と義理の姉夫婦、
そして私たちの5人で夕食を摂りました。


夕食

十勝千年の森 合掌造り茶屋 ほおの木

予想以上に、
盛り付けが素晴らしく、
とても美味しかったです。

家族全員が温泉好きなため、
今年、どこの温泉に行ったかなど、
話が盛り上がりました。



夕食後の楽しみは、
温泉に入りました。

本別温泉グランドホテル

泉質は弱アルカリ性単純温泉とのことですが、
やはり十勝ならではの、香りがします。

男女とも露天風呂は、岩風呂ですが、
男湯側に陶器製の釜風呂が3槽あります。
翌朝、男女が入れ替わります。



翌日、
朝食は、バイキングでした。

本別温泉グランドホテル

蕗の煮物、厚焼き玉子や、
マカロニサラダに至るまで、
当たり前ですが、すべて手作りで、
とても美味しかったです。


この日、AM5:00に起床し、
朝風呂を楽しみ、
AM7:00から朝食を摂り、
すぐにチェックアウトしました。

釧路市内の寺で、
義父の一周忌法要が、
AM10:30から始まるため、
釧路を目指しました。
またまた・・・つづく。


本別温泉グランドホテル ← クリック
北海道中川郡本別町西美里別20
℡ 0156-22-3101